#7: Passion for Emotion (Part 2)

PositiviTea第七回目は、前回に引き続き、ライス大学でアシスタントプロフェッサーをされている佐野あかねさんにお話をお聞きしました。

前半の質問コーナーでは、民間企業の研究職から大学教授の道に転向されたあかねさんに、博士課程を目指す社会人へのアドバイスや、学生を教育することの面白さとそこから得られるものについて聞いてみました。

後編では前回の続きから。淡々とご自身の興味を研究し続けているあかねさんですが、渡米してから苦労されたことはあったのでしょうか。また、彼女自身の研究に基いて、実践しているストレスマネジメントの方法とは何でしょうか。PositiviTeaで共通しているテーマを今回も聴いてみました。

定性的な人の感情を定量化してコンピューターで理解する試みを続ける彼女のラボにはホストも興味津々で、どうやったら入れるのかや、彼女の生活について詳しく聴いてみました。学際的な分野ということで意外と多様なバックグラウンドの人がいるようです。

大学時代に電子回路にワクワクしている自分に気付いたというあかねさん、自分の興味を職種を変え、場所を変えながらも探究し続けている彼女を羨ましく思うホストでした。

続きはポッドキャストで!
Spotify / Apple Podcast / Google Play

投稿者: Ayaka & Kei

Ayaka: NYC近郊在住で化学メーカーの戦略企画をしています。ビデオ通話とマンガが最近の心の拠り所です。Kei: SF近郊在住でソフトウェアエンジニアをしています。趣味はバイオリンとランニング、特技は中国語とお菓子作りです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。